artists アーティスト紹介

a

profile

Naoki Kawano 川野 直紀

素材の持つ独特の質感に着想を得て、作品を制作するアーティストです。様々な素材が用いられる作品は、コラージュからペインティング、平面から立体まで幅広いですが、一貫して鑑賞者が強い感情を想起するような表現が意図されています。

Naoki Kawano is an artist inspired by the unique texture of materials. His works in both two and three dimensions are diverse, employing materials ranging from collage to painting, but are consistently intended to evoke powerful emotions in the viewer.

経 歴

1988年
熊本生まれ
2010年
福岡大学卒業
2012年
イギリス・ロンドンのブレイクカレッジオブアート&デザインを卒業
2013年
イギリス・ロンドンのレーベンズボーン・デザイン・アンド・コミュニケーション大学を卒業現在、パリ在住。

Education and Career

1988
Born in Kumamoto
2010
Graduated from Fukuoka University
2012
Graduated from Blake College of Art & Design in London, UK
2013
Graduated from Ravensbourne College of Design & Communication in London, UK. Currently lives and works in Paris.

主な展覧会

2016年
展覧会100% abstract(Le Dame Art Gallery/ロンドン・イギリス)
2017年
アートフェア Pop up art fair(Sunny Art Centre/ロンドン・イギリス)
2017年
アートフェアThe Other Art Fair(Old Truman Brewery Shoreditch/ロンドン・イギリス)
2017年
展覧会In-residence Angel(ロンドン・イギリス)
2018年
アートフェアThe Other Art fair(Victorian house/ロンドン・イギリス)
2018年
アートフェアGrid Art Fair(1 Paris Garden/ロンドン・イギリス)
2018年
アートフェアTalented art fair(Old Truman Brewery Shoreditch/ロンドン・イギリス)

Exhibitions

2016
Exhibition “100% abstract” Le Dame Art Gallery(London, UK)
2017
Art fair “Pop up art fair” Sunny Art Centre(London, UK)
2017
Exhibition “The Other Art Fair” Old Truman Brewery Shoreditch(London, UK)
2017
Exhibition “In-residence Angel”(London, UK)
2018
Art fair “The other art fair” Victorian house(London, UK)
2018
“Grid Art Fair” 1 Paris Garden(London, UK)
2018
Art fair “Talented art fair” Old Truman Brewery Shoreditch(London, UK)

partners

民谷螺鈿株式会社

貝を織り込んだ螺鈿織をはじめ、漆、木、革など様々な素材を緯糸とし、革新的な織物を制作しています。織物の伝統技法と、丹後の豊かな自然のインスピレーションを大切に、常に新たな表現に挑戦し続けています。

Tamiya produces innovative textiles including “raden-ori” with seashells woven in, and woven fabrics with weft made of diverse materials such as lacquer, wood and leather. The studio cherishes traditional textile techniques and inspiration derived from the rich natural environment of Tango, and constantly takes on the challenge of new forms of expression.

遊絲舎

丹後で古くから受け継がれてきた藤織りの技術を用い、唯一無二の藤布を制作しています。藤は強く美しい素材であり、量産のできない希少な藤布だからこそ、長く大切に使われるようなものづくりを心がけています。

Using wisteria weaving techniques handed down for many generations in Tango, Yushisha creates unique wisteria textiles called “fujifu.” Wisteria is a sturdy and beautiful material, and because wisteria fabric is rare and cannot be mass-produced, they strive to produce fabric that will be treasured and used for many years.

PARANOMAD

経糸と緯糸の交差を空間的に捉え、「織物は彫刻」をコンセプトにテキスタイルを制作しています。空間を彩り、暮らしに長く寄り添う存在になることを願って、カーテンやスローケットなどを織り上げています。

Paranomad is a studio that interprets the intersection of warp and weft spatially, and produces fabrics based on the concept of “textiles as sculpture.” Items such as curtains and throw blankets are woven with the hope of adding color to interior spaces and becoming a lasting and well-loved part of everyday life.

profile

Keiko Yanagisawa 柳澤 景子

自然から得たインスピレーションを、繊細なペン画で表現するアーティストです。日本の伝統的な色使いと現代的な着想によって、動き出すような空想の植物を描きます。パリを拠点に活動しています。

Keiko Yanagisawa is an artist whose delicate pen drawings derive inspiration from nature. Combining traditional Japanese color usage and contemporary ideas, she draws imaginary vegetation that appears about to start moving. She is based in Paris.

経 歴

2011年
東京都立桜美林大学卒業
2012年
イギリス・ロンドンのブレイクカレッジオブアート&デザインを卒業
現在、パリ在住。

Education and Career

2011
Graduated from Obirin University, Tokyo
2012
Graduated from Blake College of Art & Design, London, UK
Currently lives and works in Paris.

主な展覧会

2015年
展覧会Invitation to Autumn(B&B/長野)
2017年
展覧会 100%Abstract(LE DAME ART GALLERY/ロンドン・イギリス)
2017年
展示会 London Design Fair イギリスパビリオン(Old Truman Brewery/ロンドン・イギリス)
2017年
展覧会 IN RESIDENCE Angel(ロンドン・イギリス)
2018年
展示会 トップドロワー(ロンドン・イギリス)

Exhibitions

2015
Exhibition “Invitation to Autumn” B&B(Nagano, JAPAN)
2017
Exhibition “100%Abstract” LE DAME ART GALLERY(London, UK)
2017
Art fair “London Design Fair British Pavilion” Old Truman Brewery(London, UK)
2017
Exhibition “IN RESIDENCE Angel”(London, UK)
2018
Exhibition “Top Drawer”(London, UK)

partners

山象舎

自然豊かな丹後での生活の中で、日々触れ合う植物を作品に昇華させます。図案化した植物の色素でちりめんを染め上げた作品、採集した植物の繊維を織り込んだ作品など、自然から得たイマジネーションと素材により制作がなされています。

Tango is a place of abundant nature, and plants that people come into contact with each day are incorporated into the works of Sanzosha. These derive both inspiration and materials from nature and materials, including in works made with crepe silk dyed with plant pigment designs and textiles made from plants gathered in the wild.

株式会社一色テキスタイル

一色テキスタイルは、シルクから化合繊まで糸の特性を活かしながら、日常使いのできるちりめん製品の製造を行う織物メーカーです。また建築物の内装に用いるインテリアとしての、ちりめんの新たな可能性も切り開いています。

Isshiki Textile is a textile manufacturer that produces crepe silk items for everyday use, while effectively utilizing the properties of various types of yarn from silk to synthetic fibers. It also opens up new possibilities for crepe as a material for building interiors.

安田織物株式会社

複雑な「からみ織」という技法で、繊細で透け感のある生地を表現します。丹後ちりめんの中でも、夏物と呼ばれる 「絽」 や「紗」を織り、近年はシルク素材を中心としたファッション・インテリア用生地の開発や、ストールなどファッション雑貨の製造販売も手がけています。

Yasuda Textile weaves delicate, transparent fabrics using the complex karami-ori (entwined weave) technique. Among the types of Tango chirimen silk crepe, they particularly produce “ro” silk gauze and “sha” (silk gauze more transparent than ro), known as summer textiles. In recent years they have been developing textiles for fashion and interiors, primarily using silk, and manufacturing and selling miscellaneous fashion items such as stoles.

profile

Anais Guery アナイス・ゲーリー

ファッションデザイナーとして活動する傍ら、2012年ごろから藍染作家として作品を発表。徳島で宿毛づくりを学ぶなど日本固有の技術への造詣も深く、自身の工房で藍をたて生地を染めています。フランスのクチュールの歴史と、アーティスティックな素材実験を組み合わせた彼女の作品は、常に詩情にあふれ「着られる彫刻」とも呼べる作品を生み出しています。

Anaïs Guery is active as a fashion designer, and since around 2012 has also been working as an indigo dyeing artist. She has profound knowledge of unique Japanese techniques, such as learning sukumo (production of fermented indigo leaves used to dye fabric and threads) in Tokushima, and produces indigo and dyes textiles in her own studio. Guery’s work, which combines the historic legacy of French couture and artistic experimentation with materials, is always brimming with poetic feeling and can be called “wearable sculpture.”

経 歴

2008年
ファッションブランド「Christian Dior」ジュニアデザイナー
2009年
国立高等装飾美術学校修士課程ファッションデザイン修了
2010年
Institut Français de la Mode高等専門学校修士課程ファッションデザイン修了
2011年
ファッションブランド「Balenciaga」ジュニアデザイナー
2011-13年
ファッションブランド「Cacharel」女性服編み部門ヘッドデザイナー
2014年
自身のスタジオ「a.guery」設立
2018年
Atelier Chardon Savard 大学 テキスタイルデザイン講師

Education and Career

2008
CHRISTIAN DIOR (Junior Designer)
2009
ENSAD (Ecole Nationale Supérieure des Arts Décoratifs), Graduated of Master’s degree in Fashion Design
2010
IFM (Institut Français de la Mode), Graduated of International Postgraduate program in Fashion Design
2011
BALENCIAGA (Junior Designer)
2011-13
CACHAREL (Womenswear head designer)
2014
A.GUERY (Established own studio)
2018
ATELIER CHARDON SAVARD (COLLEGE) Textile Design tutor

主な展覧会

2015年
展示会 La nature de la Couleur(Emergences - Biennale des Métiers d’Art/パンタン・フランス)
2015-16年
ファッションプレゼンテーション a.guery Collection(Designers Apartment - DEFI及びフランス・オートクチュールおよびファッション連盟より招聘/パリ・フランス)
2016年
個展a.guery(ETXE NAMI/サン=ジャン=ド=リュズ・フランス)
2016-18年
テキスタイル展示会 Living Blue Collection(Maison d’Exceptions - Première Vision/パリ・フランス)
2017-18年
テキスタイル展示会 SOME & ORI (アトリエ・ブランマント/パリ・フランス)
2019年
グループ展 The Big Blue Project(Sustainable Fashion Prize受賞、Galerie Joseph/パリ・フランス)
2019年
グループ展Savoir-Faire des Takumi(パリ・フランス、東京、京都)
2019年
グループ展 Opus sur la Création de Mode en Méditerranée(マルセイユ・フランス)

Exhibitions

2015
Duo exhibition "a.guery" Villa Rose Paris, invited by www.artisans.fr
2015-16
Solo fashion presentation “a.guery Collection”, Designers Apartment invited by DEFI and French Federation of Couture and Prêt-à-porter[Paris, France]
2016
Solo exhibition "a.guery" ETXE NAMI[Saint-Jean de Luz, FRANCE]
2016-18
Textile Exhibition “Living Blue Collection” Maison d’Exceptions / Première Vision [Paris, France]
2017-18
Textile exhibition "SOME & ORI", collaborated as fashion designer
2017
Exhibition “La nature de la Couleur” Emergences - Biennale des Métiers d’Art [ Pantin, France]
2019
Group Exhibition « Sustainable Fashion Prize », The Big Blue Project, Galerie Joseph, Paris, France
2019
Group Exhibition « Savoir-Faire des Takumi », Kyoto, Paris, Kyoto, Tokyo
2019
Group Exhibition « Opus sur la Création de Mode en Méditerranée », Marseille France

partners

田勇機業株式会社

撚糸から機織り、染めまでを手掛け、丹後ちりめんを製造する織元です。水を用いて緯糸に強い撚りをかける「八丁撚糸」の技術により、丹後ちりめんの特徴である、繊細で美しいシボのある生地を作り出します。

This weaving studio carries out all stages of Tango chirimen crepe silk from yarn twisting to weaving and dyeing. Hatcho-Nenshi yarn twisting, in which water is used to twist the weft strongly, produces fabrics with the fine, beautiful grain characteristic of Tango chirimen crepe silk.

遊絲舎

丹後で古くから受け継がれてきた藤織りの技術を用い、唯一無二の藤布を制作しています。藤は強く美しい素材であり、量産のできない希少な藤布だからこそ、長く大切に使われるようなものづくりを心がけています。

Using wisteria weaving techniques handed down for many generations in Tango, Yushisha creates unique wisteria textiles called “fujifu.” Wisteria is a sturdy and beautiful material, and because wisteria fabric is rare and cannot be mass-produced, they strive to produce fabric that will be treasured and used for many years.

創作工房糸あそび

工房独自の織り技術と、丹後独特の織り・撚糸の技術を背景とし、シルクリボンをはじめとする様々な糸種と織り方を組み合わせ、「丹後であって丹後らしくない生地の創造と企画」を心がけて、独自の生地を織り上げます。

Based on the studio’s unique weaving techniques and the Tango region’s distinctive techniques of weaving and yarn twisting, Itoasobi combines various yarn types such as silk ribbons and various weaving methods, aiming to produce their own distinctive “ideas and plans for textiles that are Tango products, yet differ from the typical Tango look.”

profile

Arthur Leitner アーサー・レイトナー

建築学部を卒業した後、作り手により近い、製作工程を重んじた家具とプロダクトのデザインに集中。ブラジルとフランス・パリでカンパナ・ブラザーズ、ルイ・ヴィトン、カーペンターズ・ワークショップ・ギャラリー、エルヴェ・ヴァン・デル・ストラッテンにて経験を積み、現在はフリーランスのデザイナーとして、工芸や工業製品の規模を超えたデザイナーと作り手の根本的な繋がりに深く興味を持っています。

After graduating in architecture, Arthur Leitner decided to focus on furniture and product design to be able follow the creation process and get closer to the makers. He worked in Brazil and in Paris for the Campana brothers, Louis Vuitton Malletier, Carpenters workshop gallery and Hervé van der Straeten. Nowadays, working as a freelance designer, he remains deeply interested in the fundamental link between designers and makers rather at the craft or industrial scale.

経 歴

2010年
建築学部を卒業
2011-13 年
ルイ・ヴィトンのデザイナーとして勤務
2014-19年
カーペンターズ・ワークショップ・ギャラリー及びエルヴェ・ヴァン・デル・ストラッテンでデザイナーとして勤務
2014-19年
デザイナーとして5年間で15人の職人と日本の伝統的な技術を用いた現代の西洋市場向けの製品を開発

Education and Career

2010
Graduated from architecture degree
2011-13
Work as a designer at Louis Vuitton Malletier
2014-19
Work as a designer at Carpenters Workshop gallery, Hervé Van der Straeten
2014-19
Work as a designer with 15 craftsmen over 5 years to develop and adapt Japanese traditional know-how for contemporary western market

主な展覧会

2018年
グループ展 Creation sous influence ―響き合う創造―(東京都美術館/東京)

Exhibitions

2018
Group exhibition “Creation sous influence” (Tokyo Metropolitan Art Museum)

partners

民谷螺鈿株式会社

貝を織り込んだ螺鈿織をはじめ、漆、木、革など様々な素材を緯糸とし、革新的な織物を制作しています。織物の伝統技法と、丹後の豊かな自然のインスピレーションを大切に、常に新たな表現に挑戦し続けています。

Tamiya produces innovative textiles including “raden-ori” with seashells woven in, and woven fabrics with weft made of diverse materials such as lacquer, wood and leather. The studio cherishes traditional textile techniques and inspiration derived from the rich natural environment of Tango, and constantly takes on the challenge of new forms of expression.

遊絲舎

丹後で古くから受け継がれてきた藤織りの技術を用い、唯一無二の藤布を制作しています。藤は強く美しい素材であり、量産のできない希少な藤布だからこそ、長く大切に使われるようなものづくりを心がけています。

Using wisteria weaving techniques handed down for many generations in Tango, Yushisha creates unique wisteria textiles called “fujifu.” Wisteria is a sturdy and beautiful material, and because wisteria fabric is rare and cannot be mass-produced, they strive to produce fabric that will be treasured and used for many years.

創作工房糸あそび

工房独自の織り技術と、丹後独特の織り・撚糸の技術を背景とし、シルクリボンをはじめとする様々な糸種と織り方を組み合わせ、「丹後であって丹後らしくない生地の創造と企画」を心がけて、独自の生地を織り上げます。

Based on the studio’s unique weaving techniques and the Tango region’s distinctive techniques of weaving and yarn twisting, Itoasobi combines various yarn types such as silk ribbons and various weaving methods, aiming to produce their own distinctive “ideas and plans for textiles that are Tango products, yet differ from the typical Tango look.”

山象舎

自然豊かな丹後での生活の中で、日々触れ合う植物を作品に昇華させます。図案化した植物の色素でちりめんを染め上げた作品、採集した植物の繊維を織り込んだ作品など、自然から得たイマジネーションと素材により制作がなされています。

Tango is a place of abundant nature, and plants that people come into contact with each day are incorporated into the works of Sanzosha. These derive both inspiration and materials from nature and materials, including in works made with crepe silk dyed with plant pigment designs and textiles made from plants gathered in the wild.

project team

Project Team Organizer

ジェイアール東日本企画
JR EAST MARKETING &
COMMUNICATIONS

Project Team Members

TCI Laboratory,Co.,Ltd.

Nue inc

National Government

経済産業省 近畿経済産業局
METI Kansai Bureau of Economy,
Trade and Industry