result 制作した作品

r

Anais Guery アナイス・ゲーリー

ファッションデザイナーとして活動する傍ら、2012年ごろから藍染作家として作品を発表。徳島で宿毛づくりを学ぶなど日本固有の技術への造詣も深く、自身の工房で藍をたて生地を染めています。フランスのクチュールの歴史と、アーティスティックな素材実験を組み合わせた彼女の作品は、常に詩情にあふれ「着られる彫刻」とも呼べる作品を生み出しています。

Anaïs Guery is active as a fashion designer, and since around 2012 has also been working as an indigo dyeing artist. She has profound knowledge of unique Japanese techniques, such as learning sukumo (production of fermented indigo leaves used to dye fabric and threads) in Tokushima, and produces indigo and dyes textiles in her own studio. Guery’s work, which combines the historic legacy of French couture and artistic experimentation with materials, is always brimming with poetic feeling and can be called “wearable sculpture.”

Arthur Leitner アーサー・レイトナー

建築学部を卒業した後、作り手により近い、製作工程を重んじた家具とプロダクトのデザインに集中。ブラジルとフランス・パリでカンパナ・ブラザーズ、ルイ・ヴィトン、カーペンターズ・ワークショップ・ギャラリー、エルヴェ・ヴァン・デル・ストラッテンにて経験を積み、現在はフリーランスのデザイナーとして、工芸や工業製品の規模を超えたデザイナーと作り手の根本的な繋がりに深く興味を持っています。

After graduating in architecture, Arthur Leitner decided to focus on furniture and product design to be able follow the creation process and get closer to the makers. He worked in Brazil and in Paris for the Campana brothers, Louis Vuitton Malletier, Carpenters workshop gallery and Hervé van der Straeten. Nowadays, working as a freelance designer, he remains deeply interested in the fundamental link between designers and makers rather at the craft or industrial scale.

project team

Project Team Organizer

ジェイアール東日本企画
JR EAST MARKETING &
COMMUNICATIONS

Project Team Members

TCI Laboratory,Co.,Ltd.

Nue inc

National Government

経済産業省 近畿経済産業局
METI Kansai Bureau of Economy,
Trade and Industry